ビデオLOVERS

お家のソファーやベッドでくつろぎながら観るのが好き。

映画「シン・ゴジラ」動画|DVD宅配レンタル&無料動画で見放題!

   

どうも!ビデオLOVERSのポンちゃんです♪

映画「シン・ゴジラ」|無料

まずは映画「シン・ゴジラ」がなかなか観れない場合の解決策について書きますね。

評判については、この記事の後半になります。

映画「シン・ゴジラ」は無料動画サイトで観れないの?

おなじみのYouTube...

それから映像配信サービスのU-NEXT...Hulu...Netflix...などなど。

どれを探しまわっても、お目当ての作品が見つからないことってありますよね。

映画「シン・ゴジラ」の配信権利などの関係もあるので、一概にすべてのサービスで観られるわけではありません。

映画「シン・ゴジラ」

で、「じゃあ映画「シン・ゴジラ」を観ることはできないの?」というと、奥の手があります。

どこも見つからない?ならこちらをどうぞ!

もし映画「シン・ゴジラ」をいくら探しても見つからなかったら、以下のサービスがオススメですよ。

なんせTSUTAYAなので...

・ほかにない圧倒的な作品ラインナップ数
・もし映画「シン・ゴジラ」が動画見放題になかったら、DVDを宅配レンタルすればOK

ということで、特に後者の宅配レンタルシステムは、ほかの映像配信サービスにはない利点です。

映画「シン・ゴジラ」

それが他のサービスと同じような価格帯で手に入る...さすがTSUTAYAは太っ腹です!

もちろん「継続利用するかどうか?」はあなたの自由ですが、まだ試していないならこの機会にどうぞ。

無料のうちにお気に入りの作品を掘り出しまくってくださいね。

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「シン・ゴジラ」

違法の動画サイトはNG

上記には挙げませんでしたが、映画「シン・ゴジラ」がパンドラやデイリーモーションに転がってる可能性もあります。

でも、いずれも思いっきり違法です。

笑えないリスクがありますので、とてもじゃないですが人様にオススメできません。

映画「シン・ゴジラ」

もしたまたま違法の動画サイトで見つけても、再生しないほうが無難ですよ。

例えば映画「シン・ゴジラ」を、パンドラで観たばっかりにウイルス感染や、逮捕・罰金になったら泣けますよね...(汗

TSUTAYAディスカスの3つのメリットとは?

ではTSUTAYAディスカスの利用を検討されている方のために、3つのメリットをお伝えします!

映画「シン・ゴジラ」

色んなサービスのなかでも、特にオススメできるのがTSUTAYAディスカスです。

ちなみに、このメリットの説明以降に、映画「シン・ゴジラ」のみんなの評判についてまとめるのでチェックしてみてくださいね。

1・30日間の無料お試しができる

あまり強く推せませんが、無料のうちに作品を観まくって、期間中にやめる手もあります。

動画見放題やDVDのみならずCDも対象ですので、在庫も多くもう手に入らないものやマニアも唸る品揃えです。

まずは1ヶ月お試ししてみても損はないと思います。

映画「シン・ゴジラ」

またTSUTAYA店頭でサービスを受けるとなると、もちろん返却しに出向かなければなりませんし期限もありますがTSUTAYAディスカスは返却期限がないうえにポストに投函すればOKなので、期限に追われて慌てることや高額と恐れられている延滞料金で泣きを見ることも防げます。

2・時間の節約になる

店頭でお目当の作品を探す時間も楽しいものです。

ですが「既にレンタルされていた・・・」、そんなもどかしい思いをされた方も多いのではないでしょうか。

映画「シン・ゴジラ」

TSUTAYAディスカスだと、一回に借りられる枚数は2枚と制限はあるもののリストに保存しておく機能があるので、気になっていた作品などを事前にリストに入れておけばとてもスムーズです。

また検索機能もなかなか使えるので、知らなかった作品に出会うことも!

好きなジャンルが広がるきっかけにもなりますよ。

映画「シン・ゴジラ」

スマホからリスト登録や予約も可能なので通勤中や就寝前のほんのひと時など、場所や時間に関わらず、隙間時間を利用して好きなものを選んで注文できることがいいですね。日頃忙しい方にはもってこいだと思います。

3・ポイントを貯めることができる

無料お試しが終わると定額料金になりますが、そこにしっかりポイントも付いてきます。

「元を取れるかどうか?」は利用の頻度にもよりますが、積もり積もればポイントもありがたいもので実質無料でCDアルバムが借りられたり映画が観られるとなるとコツコツ貯めたくなりますね。

映画「シン・ゴジラ」

またお持ちの方も多いTSUTAYAカード、いわゆるTカードのポイントはコンビニエンスストアでだとファミリーマートでも使えたり、貯めたりできるので1枚持っていると知らない間にポイントが貯まっているという嬉しさも。

ここも他のサービスでは見かけないところですね。

以上、3つのメリットでした!

▼▼動画▼▼

TSUTAYAディスカスというサービスを知らなかった方も、知っていたけど使ってみるかどうか躊躇されていた方にも、少しでも参考になれば幸いです。

皆さんの楽しいビデオライフを応援しています。

寝不足になる可能性もあるので、そこは自己責任で...!(笑)

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

※ネタバレ注意!みんなの映画「シン・ゴジラ」の評判は?

個人の感想を超える圧倒的な密度の塊。
『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

また現実の世界の綿密な取材などディテールが濃密な一方で、「在来線爆弾」のような面白い跳ねたアイデアがフィクションとしての強度を確保する。

目に見える圧倒的な情報量以上の氷山の本体の存在が感じられる本作は、娯楽映画の水準を押し上げるみごとな仕事ではないだろうか。

なんという群像劇!
「まあ、ゴジラだしな」と思って、見ていませんでした。
ただいま猛烈に反省。すごすぎる。

東京がゴジラによって破壊され・・・というのは昔からのパターンですが。突如現れた巨大生物になすすべもなく、首都機能崩壊した今、どうすればいいのか。その危機管理的内容が「もしかしたら、あるかも」とリアル。

日程があった役者さんすべてそろえたんじゃないかという、すごいキャスティング。50音順のエンドロールって!
みんな早口だし、もう画面にくぎ付けでした。

劇場で見ればよかった~。

こんなクズ映画とは知らなかった。
映画館に観に行くつもりでしたが、仕事が忙しくて行けずWOWOWで観ました。行かなくて良かった。時間とお金の無駄使いに成らなくて良かったです。
ゴジラやモスラなど関連映画はほぼ全てリアルタイムで観てますが、私にとって、こんなにくだらない映画ははじめてです。子供が楽しみに、この映画を観に行ったら可哀想ですね!
素人が脚本と監督をしてるんでしょう。
ゴジラの映画でエバを流すな!興醒めする。
最後に、こんなクズ映画がヒットしたって、今の世の中変わった人が多いのですね。
ゴジラはおまけ
登場人物はかなりデフォルメされたキャラと感じました。
ギャグに近い。

とは言え、コメディではないのは言うまでもありません。
いたって真面目にゴジラ対策を行っています。

ここがポイントで、
ゴジラを自然災害的に捕らえ、
現在の日本がゴジラと戦う場合という感じで、
話がグングン進んでいきます。
それゆえか、ゴジラが恐怖の対象というよりは、
分析対象のようになっていて、
怪獣映画とは一線を画す出来だと思います。
(※怪獣映画が悪いというわけではないですよ)

圧倒的緊迫感とゴジラの神々しさ
冒頭からすぐ海上にゴジラが出現し、そして上陸、破壊、進化…と息つく間もなくゴジラが東京湾へと一旦引き返す。
ここまでの展開でもかなり台詞が多く、読んでいる時間が無いような字幕も多く登場し、非常に疲れましたが、ここまでの緊迫感や恐怖感がとてつもなく現実的で、面白いよりも怖いという感情が非常に強くのしかかって来ました。舞台が日本だからかもしれませんが、今現実に起きているのではと思う程の臨場感。
これで私は本作が一気に好きになりました。掴みはOKとはこういう事でしょうか。以前公開された「クローバーフィールド/HAKAISHA」という作品でもこれと似た恐怖や興奮を感じましたが、こちらは「それ」が来るまでにかなりの時間があり、時間をかけたことでリアリティーが増したともとれますが、やや退屈になりかけました。それに比べ本作は冒頭からいきなり画面に釘付けになる。観賞後に一番印象に残ったのはやはり冒頭。本当に怖くて凄まじかった。

それ以降も想像以上の面白さで119分があっという間でした。ゴジラよりも人間にスポットを当てた展開となると絵的には地味になりますが、必ず「絵」だけではない引き込ませるものがあるので、流石抜け目ないなと思いました。CG技術だけではハリウッドには遠く及ばないですが、そういう緻密な構成では負けていません。むしろ勝っていると思います。

時折ゴジラが神々しく描かれて格好よさを通り越して美しいとさえ思いますが、少々動きが少ないのには残念。やはり、「蒲田さん」の愛嬌で知られ、ぬいぐるみにもなった第2形態がベストか。

個人的に、2016年で満足度は上位の作品でしたが、後半のゴジラとの戦い方が現実的ではなくて残念でした。これまで現実的な展開だったのにも関わらず後半のそのシーンはアニメや漫画的なものに思えてしまいやや引いている自分がいました。よって、難しいところではありますが、私は2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の方が好きです。こちらは「キングコング 髑髏島の巨神」から本格始動したモンスター・バースなので、今後の展開にも目が話せず、東京オリンピックよりも楽しみで仕方ないです。

本作に続編が出来るのかは分かりませんが、公開が決まればそちらも外せないですね。

コメント引用元:http://eiga.com/

なんだかこういうのを読んでいると、また映画「シン・ゴジラ」を観たくなってきますね!(笑)

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「シン・ゴジラ」

では「映画「シン・ゴジラ」動画|DVD宅配レンタル&無料動画で見放題!」というテーマの記事でした!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 - エンタメ情報