ビデオLOVERS

お家のソファーやベッドでくつろぎながら観るのが好き。

映画「セル」フル視聴できない?無料動画と評判について

   

どうも!ビデオLOVERSのポンちゃんです♪

映画「セル」|動画

まずは映画「セル」がなかなか観れない場合の解決策について書きますね。

評判については、この記事の後半になります。

映画「セル」は無料動画サイトで観れないの?

おなじみのYouTube...

それから映像配信サービスのU-NEXT...Hulu...Netflix...などなど。

どれを探しまわっても、お目当ての作品が見つからないことってありますよね。

映画「セル」の配信権利などの関係もあるので、一概にすべてのサービスで観られるわけではありません。

映画「セル」

で、「じゃあ映画「セル」を観ることはできないの?」というと、奥の手があります。

どこも見つからない?ならこちらをどうぞ!

もし映画「セル」をいくら探しても見つからなかったら、以下のサービスがオススメですよ。

なんせTSUTAYAなので...

・ほかにない圧倒的な作品ラインナップ数
・もし映画「セル」が動画見放題になかったら、DVDを宅配レンタルすればOK

ということで、特に後者の宅配レンタルシステムは、ほかの映像配信サービスにはない利点です。

映画「セル」

それが他のサービスと同じような価格帯で手に入る...さすがTSUTAYAは太っ腹です!

もちろん「継続利用するかどうか?」はあなたの自由ですが、まだ試していないならこの機会にどうぞ。

無料のうちにお気に入りの作品を掘り出しまくってくださいね。

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「セル」

違法の動画サイトはNG

上記には挙げませんでしたが、映画「セル」がパンドラやデイリーモーションに転がってる可能性もあります。

でも、いずれも思いっきり違法です。

笑えないリスクがありますので、とてもじゃないですが人様にオススメできません。

映画「セル」

もしたまたま違法の動画サイトで見つけても、再生しないほうが無難ですよ。

例えば映画「セル」を、パンドラで観たばっかりにウイルス感染や、逮捕・罰金になったら泣けますよね...(汗

TSUTAYAディスカスの3つのメリットとは?

ではTSUTAYAディスカスの利用を検討されている方のために、3つのメリットをお伝えします!

映画「セル」

色んなサービスのなかでも、特にオススメできるのがTSUTAYAディスカスです。

ちなみに、このメリットの説明以降に、映画「セル」のみんなの評判についてまとめるのでチェックしてみてくださいね。

1・30日間の無料お試しができる

あまり強く推せませんが、無料のうちに作品を観まくって、期間中にやめる手もあります。

動画見放題やDVDのみならずCDも対象ですので、在庫も多くもう手に入らないものやマニアも唸る品揃えです。

まずは1ヶ月お試ししてみても損はないと思います。

映画「セル」

またTSUTAYA店頭でサービスを受けるとなると、もちろん返却しに出向かなければなりませんし期限もありますがTSUTAYAディスカスは返却期限がないうえにポストに投函すればOKなので、期限に追われて慌てることや高額と恐れられている延滞料金で泣きを見ることも防げます。

2・時間の節約になる

店頭でお目当の作品を探す時間も楽しいものです。

ですが「既にレンタルされていた・・・」、そんなもどかしい思いをされた方も多いのではないでしょうか。

映画「セル」

TSUTAYAディスカスだと、一回に借りられる枚数は2枚と制限はあるもののリストに保存しておく機能があるので、気になっていた作品などを事前にリストに入れておけばとてもスムーズです。

また検索機能もなかなか使えるので、知らなかった作品に出会うことも!

好きなジャンルが広がるきっかけにもなりますよ。

映画「セル」

スマホからリスト登録や予約も可能なので通勤中や就寝前のほんのひと時など、場所や時間に関わらず、隙間時間を利用して好きなものを選んで注文できることがいいですね。日頃忙しい方にはもってこいだと思います。

3・ポイントを貯めることができる

無料お試しが終わると定額料金になりますが、そこにしっかりポイントも付いてきます。

「元を取れるかどうか?」は利用の頻度にもよりますが、積もり積もればポイントもありがたいもので実質無料でCDアルバムが借りられたり映画が観られるとなるとコツコツ貯めたくなりますね。

映画「セル」

またお持ちの方も多いTSUTAYAカード、いわゆるTカードのポイントはコンビニエンスストアでだとファミリーマートでも使えたり、貯めたりできるので1枚持っていると知らない間にポイントが貯まっているという嬉しさも。

ここも他のサービスでは見かけないところですね。

以上、3つのメリットでした!

TSUTAYAディスカスというサービスを知らなかった方も、知っていたけど使ってみるかどうか躊躇されていた方にも、少しでも参考になれば幸いです。

皆さんの楽しいビデオライフを応援しています。

寝不足になる可能性もあるので、そこは自己責任で...!(笑)

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

※ネタバレ注意!みんなの映画「セル」の評判は?

題名は「携帯電話」と「細胞」のダブルミーニング
原題「Cell」をカナにしただけ。思い切ったと評価すべきか、工夫がないと嘆くべきか。まあ、刊行済みの小説の邦題に倣うしかなかったのかもしれないが。

ともあれ、携帯からの怪音波で人間がゾンビ化するという点が新趣向。アンデッドになった彼らは自らの意志を失い、大いなる存在の一部、つまり細胞のようになってしまう。ロメロの「ゾンビ」が郊外ショッピングモールにたむろする人々に象徴される大量消費社会の風刺だったように、「セル」もスマホ依存症の現代人のカリカチュアだ。

エンディングには意表を突かれたが、「ミスト」のような圧倒的衝撃はない。S・キング原作映画の定番的な仕掛けではあるが。

「エスター」の怪演が忘れられない女優、イザベル・ファーマンが出演しているが、ごく真っ当な役で肩透かしを食わされた。先入観はいかんと反省。

小説ほど面白さが無い
原作の小説が好きなので、映画化をかなり前から望んでいました。
本作には原作者のスティーヴン・キング自身が脚本を務めているということなので、かなり期待している方もいらっしゃると思いますが、過度な期待は止めましょう。
上下巻ある話を98分にまとめるので、映画用に脚色されるのは承知の上ですが、かなり違った展開なのが残念です。もちろん、基本的なストーリーは同じですが、ゾンビ(携帯人と劇中で呼ばれている)は原作ではかなり高度な動きを見せます。特に赤いフードの男(携帯人)は多くの活躍の場があり、自身の仲間を殺した主人公らに復讐すべくあらゆる手を使ってくる描写が中盤から多く描かれており、終末感も不気味で良かったのですが、映画では携帯人はそこまで大きな動きを見せず、小説の中盤から終盤にかけての主人公らと携帯人の駆け引きが描かれていなかったのが最も残念な点です。物語も単調に進み、主要人物が死ぬ際もさらっとしており感情移入しにくいです。

また、小説と異なるエンディングになります。どちらもスティーヴン・キングらしい終わりですが、映画版は納得がいきません。原作の、希望の様な、更なる恐怖の様な読者に想像させる形のラストが好きだったので拍子抜けしました。
ちなみに、本作はキャストが豪華な割にはかなりのB級です。2015年の作品ですが、CGはかなりチープです。壮大な話なのでせっかくだったらもっと頑張って欲しかったです。全体的に良い印象ではありませんでしたが、小説では冒頭に登場するアイスクリームバン(アイスの販売車)が後半に思わぬ形で活躍するのは意表を突かれ笑えました。

これは・・・
スティーブン・キングまでがゾンビ系作ってしまったな~って感じが・・・いわゆる終末物かしら。

最後もなんだかな~

まあでも、怖さは有りましたね。

ゾンビの様式美を基本踏襲したニューウェーブ
原題は、あの「ザ・セル」(2001)の"Cell = 独房"ではなく、"Cell=cellular phone(携帯電話)"である。

スティーヴン・キング最新作にして、ジャンルとしては"ゾンビもの"。公開された各国での評価が悪いので、日本公開はされないのかと思っていたら、限定スクリーン数での公開。これもゾンビの出世頭「バイオハザード ザ・ファイナル」のおこぼれのような、オトナの事情の匂いがプンプンする。

そもそもゾンビ映画はB級であるべきで、ゾンビ映画に過度な期待をするほうが間違っているし、その"様式美"を楽しむものだ。そういう意味で本作はゾンビマニアにはかなり楽しめる。

ゾンビ発生には、古典的な呪術から、科学実験やウィルス感染とバリエーションがあるが、本作は携帯電話に出ることでゾンビ化するという、珍しい設定の"ニューウェーブ"である。おそらく着想は、"携帯電話の電波が脳波に影響する"という学説から生まれたものだろう。

電波によって脳が混乱させられ、コントロールされるゾンビ携帯人(Phoney)と健常者(Normy)の闘いである。まるで現代人のケータイ依存を揶揄したような設定になっていて、Phoney≒phony(偽りの)と掛けているのがシャレている。昆虫の集団行動のように動くゾンビたちの様子がモッシュっぽくて、集団で怒りが増幅していく。このあたりはメタルをバカにしたようなキングの意図が感じられる。

ゾンビに襲われた人間がゾンビ化するというのは、吸血鬼の亜流であるが、本作ではゾンビの口から発する電子音で脳が乱され、ゾンビ化する。夜、ゾンビたちが集団で眠るというのは、昼夜逆だが吸血鬼っぽい。その間に通信ダウンロードでバージョンアップされるというのが、とても今どき。

原作とはテイストが違うようだが、原作者スティーヴン・キング自らの脚本なので、そのまま受け取るしかない。エンディングの未決着さ加減は、"様式美"としては、実にまっとうである。フツウの映画ファンは観てはいけない、ゾンビファンのための余興である。

(2017/2/17 TOHOシネマズ六本木ヒルズ/シネスコ)

単なるゾンビ映画
結局なぜこう言った現象が起きたのかどの様な背後関係があるのか全く触れておらずラストも中途半端まあこの手の作品らしい結末?

コメント引用元:http://eiga.com/

なんだかこういうのを読んでいると、また映画「セル」を観たくなってきますね!(笑)

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「セル」

では「映画「セル」フル視聴できない?無料動画と評判について」というテーマの記事でした!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 - エンタメ情報