ビデオLOVERS - 無料動画でどこまでも

お家のソファーやベッドでくつろぎながら観るのが好き。

映画「聲の形」は無料動画で観れない?|フル視聴する方法

   

どうも!ビデオLOVERSのポンちゃんです♪

映画「聲の形」|動画

まずは映画「聲の形」がなかなか観れない場合の解決策について書きますね。

評判については、この記事の後半になります。

映画「聲の形」は無料動画サイトで観れないの?

おなじみのYouTube...

それから映像配信サービスのU-NEXT...Hulu...Netflix...などなど。

どれを探しまわっても、お目当ての作品が見つからないことってありますよね。

映画「聲の形」の配信権利などの関係もあるので、一概にすべてのサービスで観られるわけではありません。

映画「聲の形」

で、「じゃあ映画「聲の形」を観ることはできないの?」というと、奥の手があります。

どこも見つからない?ならこちらをどうぞ!

もし映画「聲の形」をいくら探しても見つからなかったら、以下のサービスがオススメですよ。

なんせTSUTAYAなので...

・ほかにない圧倒的な作品ラインナップ数
・もし映画「聲の形」が動画見放題になかったら、DVDを宅配レンタルすればOK

ということで、特に後者の宅配レンタルシステムは、ほかの映像配信サービスにはない利点です。

映画「聲の形」

それが他のサービスと同じような価格帯で手に入る...さすがTSUTAYAは太っ腹です!

もちろん「継続利用するかどうか?」はあなたの自由ですが、まだ試していないならこの機会にどうぞ。

無料のうちにお気に入りの作品を掘り出しまくってくださいね。

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「聲の形」

違法の動画サイトはNG

上記には挙げませんでしたが、映画「聲の形」がパンドラやデイリーモーションに転がってる可能性もあります。

でも、いずれも思いっきり違法です。

笑えないリスクがありますので、とてもじゃないですが人様にオススメできません。

映画「聲の形」

もしたまたま違法の動画サイトで見つけても、再生しないほうが無難ですよ。

例えば映画「聲の形」を、パンドラで観たばっかりにウイルス感染や、逮捕・罰金になったら泣けますよね...(汗

TSUTAYAディスカスの3つのメリットとは?

ではTSUTAYAディスカスの利用を検討されている方のために、3つのメリットをお伝えします!

映画「聲の形」

色んなサービスのなかでも、特にオススメできるのがTSUTAYAディスカスです。

ちなみに、このメリットの説明以降に、映画「聲の形」のみんなの評判についてまとめるのでチェックしてみてくださいね。

1・30日間の無料お試しができる

あまり強く推せませんが、無料のうちに作品を観まくって、期間中にやめる手もあります。

動画見放題やDVDのみならずCDも対象ですので、在庫も多くもう手に入らないものやマニアも唸る品揃えです。

まずは1ヶ月お試ししてみても損はないと思います。

映画「聲の形」

またTSUTAYA店頭でサービスを受けるとなると、もちろん返却しに出向かなければなりませんし期限もありますがTSUTAYAディスカスは返却期限がないうえにポストに投函すればOKなので、期限に追われて慌てることや高額と恐れられている延滞料金で泣きを見ることも防げます。

2・時間の節約になる

店頭でお目当の作品を探す時間も楽しいものです。

ですが「既にレンタルされていた・・・」、そんなもどかしい思いをされた方も多いのではないでしょうか。

映画「聲の形」

TSUTAYAディスカスだと、一回に借りられる枚数は2枚と制限はあるもののリストに保存しておく機能があるので、気になっていた作品などを事前にリストに入れておけばとてもスムーズです。

また検索機能もなかなか使えるので、知らなかった作品に出会うことも!

好きなジャンルが広がるきっかけにもなりますよ。

映画「聲の形」

スマホからリスト登録や予約も可能なので通勤中や就寝前のほんのひと時など、場所や時間に関わらず、隙間時間を利用して好きなものを選んで注文できることがいいですね。日頃忙しい方にはもってこいだと思います。

3・ポイントを貯めることができる

無料お試しが終わると定額料金になりますが、そこにしっかりポイントも付いてきます。

「元を取れるかどうか?」は利用の頻度にもよりますが、積もり積もればポイントもありがたいもので実質無料でCDアルバムが借りられたり映画が観られるとなるとコツコツ貯めたくなりますね。

映画「聲の形」

またお持ちの方も多いTSUTAYAカード、いわゆるTカードのポイントはコンビニエンスストアでだとファミリーマートでも使えたり、貯めたりできるので1枚持っていると知らない間にポイントが貯まっているという嬉しさも。

ここも他のサービスでは見かけないところですね。

以上、3つのメリットでした!

TSUTAYAディスカスというサービスを知らなかった方も、知っていたけど使ってみるかどうか躊躇されていた方にも、少しでも参考になれば幸いです。

皆さんの楽しいビデオライフを応援しています。

寝不足になる可能性もあるので、そこは自己責任で...!(笑)

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

※ネタバレ注意!みんなの映画「聲の形」の評判は?

平凡な一少年の視点に絞った脚色の妙。
原作未読で観た。主人公と結絃という2人のキャラを除き、ほかの登場人物の主観がほぼ排除されていることに感心した。

聾唖のヒロインとの恋物語と勘違いされがちだが、映画後半では明確に主人公が抱える「他者とのディスコミュニケーション問題」に焦点が絞られていく。本作では、長い原作から群像劇の側面を敢えて外すことで(原作は後から読んだ)、映画としてひとつの筋が通ったストーリーを紡ぎ出しているのだ。

川井さんがとんでもないモンスター女子なのは映画だけでもわかるが、確かに原作にはほかのキャラクターの内面も事細かに描写されている。どなたかが書いていた映画→原作→映画という流れで観ると二倍三倍楽しめるように思う。

原作の違いで印象的だったのは、主人公の「卑屈なのに他人をバカにしてしまう自己嫌悪」の描写が減っていること。これには賛否あるだろうが、映画では間口をより広く取るために「平凡な一少年」として描いたのだと理解した。

一番の悪は母親だと感じた
映画では描かれてないが ヒロインの母親は娘が障害の事でいじめられない為に無理矢理ベリーショートの髪型に変えようとするのだが、だったら「ろう学校」に通わせろよと言いたくなりました。客観的思考がまだ出来上がっていない小学生ともなれば尚更です。面倒見が良く親身になってくれるグループ、それを見て妬ましい憎悪を抱くグループに分けられる事は容易に想像が付くし 同じ学費を払っているのに自分らのクラスはなぜ手間と授業の遅れがあるのかと保護者からのクレームも来るでしょう 私から言わせればヒロインの母親は一見勇ましく見えても実はほぼ無責任な行為をしていると感じました
母親なのに手話が出来ない!? なんて胸糞な親だこと。

でも絵の綺麗さに免じて☆2つ

原作を読んでいないと評価は下がるでしょう。
私は原作を全く知らず友人の紹介を受けて観に行きましたがイマイチでした。
高評価の方々のレビューを拝見しますと、皆さん原作から知っている人が多いようです。
おそらく原作が長いので内容が映画に収まりきっていないのだと思います。原作を知らないため、西宮と石田の恋愛ストーリーだと思いこんで観ていたので終始意味不明でした。と言うかポスターイラストとテーマが噛み合ってない。
観終わったあと「人が人と関わろうとする尊さ」がテーマである事を知りましたが、後味の悪い結果となりました。

心が深く動かされる傑作
映画を観てから原作を読んで、もう一度観ました。そして、紛れもない傑作だと感じました。
原作が大変濃いためさすがにキャラを完全に描ききれませんが、十分伝わる描写だと思いました。
(ただし、硝子ママと真柴は除く。原作の硝子ママと鬼畜元ダンナ一家とのエピソードはなんとかねじ込んで欲しかった)

石田も硝子も自分のせいで、と自分を責めてしまい、そこから中々逃れられない。でも、この自責ってひとりよがりで、自己否定してるだけ。過去と自分にばかりに気持ちが向いて、基本前に進まないです。
石田は手話をマスターするなど、硝子を想い行動しており、それは前に進めています。が、根本では自分が悪い、アイツを(みんなを)傷つけた、だから自分は幸せに生きる価値のない人間だと信じている。
硝子に至っては障害と母親との関係によって、石田以上に根深く自尊心が低い。自分が周囲に災厄をもたらしていると思い込んでいる。悲しすぎるよね、自己肯定なんて出来るわけない。
そんな風に「どうせ自分なんて…」って気持ち囚われているが故に、相手を想っていても、最終的には相手に気持ちが向けられないのだ。だから決定的にクラッシュしちゃうんだと思います。橋の上のシーンとか、花火大会のシーンとか。

でも、気持ちが自分から他者に向くと、大きな変化が起こり得る。友だちとの情緒的なつながり(永束とか佐原ちゃんとかユズルとか)が少しずつ進んでいき、その下準備はできていたけど、変化のトリガーは転落事故でしょう。
事故をきっかけに2人は互いに想い合えるようになったように見えます。やはり、あの事故で自己嫌悪に囚われていた2人は象徴的に死に、生まれ変わったのだと思いました。
2人の口ぐせ(?)の「ごめんなさい」ですが、転落事故の前後で意味が違ってきます。以前は自分を卑下したりごまかしたりする言葉でした。しかし、事故以後は互いに未来を創るための過去の総括としての「ごめんなさい」になったように感じました。気持ちの向き方が過去から未来、自分から他者にシフトできたのです。だから石田は「生きるのを手伝ってくれないか」と言えたのではないでしょうか。ここは本当に感動しましたね!

植野も罪悪感と後悔を感じているけど、自責ではなくなんとか打破しようともがいているように見えました。でも、衝動的だからなかなか上手くいかない。
植野は彼女なりに硝子とガチで向かい合おうとしているため、酷い感じだけど硝子にとっては嬉しいんでしょうね。植野の粗っぽいけど誠実な姿勢は胸を打たれました。植野キュートです!
原作既読者にとっては不意打ちであるラストの手話での「バカ」のやりとりは幸福すぎてウルっときました。ノーサイドって感じで、サラッとだけど本当に感動的なシーンだった。

序盤のいじめ描写はキツかった!だが、リアルなので目を逸らせない。
確かに、やったことは自分に返ってくる、はその通り。でも、教師の態度が事態の最悪さに拍車を掛けている。
あいつの態度で石田の自尊心は決定的に傷つき、さらにいじめの連鎖が起きてしまった。友情も壊れ、植野も罪悪感を抱えて生きるハメになってしまった。あの態度にはひどくムカついたし、すごく考えさせられました。
他のレビュアーさんが書いていらっしゃいましたが、教師や親にこそ観てほしい映画です。

サブキャラは川井以外魅力的に感じましたが、特に佐原ちゃんが最高だった!
原作よりも元気で明るい印象。カラオケのシーンは原作より良かった。
石田ママと西宮グランマもしなやかで本当に強い大人って感じで素敵だった。
aiko師匠のエンディングテーマも相変わらずの感じながらも(笑)、グッときました。

素晴らしいタイトルだと思う。
見ながら色んな事を思った。

聾唖の人とは直接な関わりが無いが、障害を持つ人と関わる仕事を長く続けているから。

その人たちは自分の気持ちを伝えるのが少し困難で、人の気持ちを理解するのも少し難しい。

共に町の中を歩いたり、商店に行くと初めて障害者を見たかの様に奇異の目で見ている人たちも少なからずいる。

物事の分別がついた大人でもそうなのだから、小学生ならそんな事は説明するまでもないだろう。

「いじめ」や「障害」をテーマにしているのでポップな学生生活が描かれているわけでもない。

しかし製作者の人の姿勢や気持ちが描かれているのは良いと思った。

他のレビューで「美男、美女が描かれているのはおかしい」や「いじめられた相手になぜ恋をするのか?」と書かれていたが、見ていて違和感は感じなかった。

それは主人公の石田の心の動きが描かれているから、しっかりと人間として描かれていたからだ。

それに顔にバッテンを付ける斬新な演出も面白かった。なるほどねと。

妹ゆずるの存在も非常に良いアクセントになっていたし、キャラとしても好感を持てた。一番好きなキャラクターかもw

花火の日の出来事は個人的には共感は出来ないが、本人にしかわからない辛さや苦しさがあり、健常者がどれほど優しい言葉をかけても慰めの言葉をかけても無くなりはしないのかな?と感じた。

最後に大好きなaikoの曲が流れるがとてもなめらかに耳に入ってきて心地いい歌でした。歌詞は少し違うかな?と思ったけど。

タイトルの「聾の形」と言う秀逸さには驚いた。作品を見終わってから思ったが、「音」ではなく「声」というのは人間の口からしか出ない物だから、、、、。それは尖っていたり、丸みを帯びて人を包み込んだり色々な形があると。

これから生まれてくる子供にどうか人を傷つけない丸い「こえ」の話し方を、出し方を教えないと、、、、。

そしてこれを見た多くの人が少しでも「障害」のある人に興味をもってもらえますように。

PS.恋愛映画です的な予告編はやめて欲しいなw
学生もカップルももちろん観に行くのは良いんだけど、(バカな)女子高生が上映中にパンの袋をガチャガチャとずっとやってるんで優しい「こえ」で注意しちゃいましたよwったく

コメント引用元:http://eiga.com/

なんだかこういうのを読んでいると、また映画「聲の形」を観たくなってきますね!(笑)

「動画見放題 & 定額レンタル8」コースを選ぶとコスパ最強です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

映画「聲の形」

では「映画「聲の形」は無料動画で観れない?|フル視聴する方法」というテーマの記事でした!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 - エンタメ情報